お知らせ

2024/01/08_Jazz Faves 1-4_ フィル・ニブロック追悼

2024年1月8日、一貫した方法論をもって透徹した表現を追究するニューヨーク Experimental Intermedia フィル・ニブロック(1933-2024)が亡くなり、即日その訃報は世界を駆け巡りました。

remo ではレジデンス事業で2009年11月2010年2月に大阪へ招聘し、代表作「The Movement of People Working」シリーズの新編を制作しました。住之江区北加賀屋の工場、浪速区の木津市場で撮影されたこの作品は「Remo Osaka」と題して、2013年にフランスで出版された『Working Title』付属の2枚組DVDセットにも収録されています。

Phill_Niblock-in-Osaka
*『北加賀屋レポート』近代化産業遺産(名村造船所大阪工場跡地)を未来に活かす地域活性化実行委員会(2010年3月)より来阪時の様子

1973年にはじまるこのシリーズは、1980年代の漁村(岩手県大船渡市三陸町の越喜来湾)を含め世界各地で黙々と働く人々の所作を記録した25時間以上の稀有な大作となりました。この制作経験を共有できたことは remo の誇りとなっています。フィルと Experimental Intermedia 関係者のみなさまには、あらためて大きな感謝を申し上げます。来日の機会ある毎にたいへん思い出深い希少な経験を、本当に有難うございました。

フィルは1958年にニューヨークで前衛美術に出会い、1960年代には名だたるジャズ・ミュージシャンの演奏中を写真撮影して名を上げたそうです。大阪でも長時間に及ぶ編集作業中ずっとお気に入りのジャズを聴かせてくれました。フィルの Jazz Faves 1-4 計51曲のプレイリストがのこされています。ここに感謝と追悼の意を表して、みなさまと分かち合えたらと思います。
--

サイト管理者 2024年1月11日 | 固定リンク