AHA! Project

展覧会

2017/09/09-10/15 conservation piece/peace コンサベーション_ピース ここからむこうへ part B はな子のいる風景

[武蔵野市立武蔵野市吉祥寺美術館ウェブサイトより転載] 忘れられ消えつつある他者あるいは自己の記憶。それらはできるかぎり保存(conservation)されるべきなのだろうか。失われた/残された記憶を保存するとは、それらとどのような関わりを築くことなのだろうか。
conservation_piece.jpg
この問いを前に、本展では、拾った断片を用いて制作を行うアーティスト・青野文昭の作品・態度と、個人的・私的に残された記録物に着目するアーカイブプロジェクト・AHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ]の取り組みに注目する。
かけらと対峙し、その「本来のかたち」をさぐる作業の中で、時空を越えて存在した異なるものともの、人と人との関係性を照らし出す青野と、様々な地点に離ればなれに残された記録のかけらの再編集を通し、存在と非存在との境目の問い直しを図るAHA!。
欠落や不在への2者のアプローチを通して、記録のかけ/かけら(piece)を起点に、自己から他者へ、現在から過去へ、ここからむこうへ、そしてまた、むこうからここへと境界を越え、消えゆく記憶を蘇生し、受け渡すということの意味を再考する。
戦争や震災の記録のかけらを介し、それらの記憶に触れることを通じて、私たちはまた、自分たち自身が抱く平和(peace)のかたちを見直すことともなる。

※本展は、記録と記憶のあり方をテーマとした2015年度企画展「カンバセーション_ピース conversation piece/peace:かたちを(た)もたない記録 小西紀行+AHA!」からの連続企画である。

開催期間:2017年9月9日(土)~10月15日(日)10:00-19:30
(休館日: 9月27日(水))
入館料:一般300円・中高生100円 (小学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料)

※『はな子のいる風景』読書スペース(当館ロビー)は入場無料

戦後、最も早く来日したゾウ。そして、日本で最も長く生きたゾウ。〈はな子〉―。
そのゾウは、1949年、「平和の象徴」としてタイから贈られ、1954年からは井の頭自然文化園で暮らし、2016年5月、69歳(推定年齢)で生涯を閉じた。
市井の人びとの記録を対象にしたアーカイブプロジェクトを展開するAHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ]は、2015年度に武蔵野市内における8ミリフィルム収集を実施した際、異なる家庭に残された映像記録の中に、いくつもの〈はな子〉を発見する。多くの人に知られ、親しまれた〈はな子〉が、全く関係を持たないと思われた様々な人同士をつなぎ合わせる結節点となることに着目したAHA!は、本展に向け、井の頭自然文化園協力のもと、各地に散在・潜在する膨大な〈はな子〉との記念写真の収集を実行し、記録集『はな子のいる風景』を製作した。
本記録集は、集まった写真と〈はな子〉の飼育日誌、写真以外の私的/公的記録(日記、アルバムに記されたメモ、新聞記事など)、写真提供者へのインタビューなど、いわば、誰かが残した記録の断片の集積によって構成される。AHA!は、ここに異なる読み手・・・の記憶や想像がここに加わることにより、それらの断片が繰り返し組み立て直され、記録の意味内容が常に更新されていくことを意図している。
様々な人びとの記録が偶然に巡りあい重ね合わされる中で、失われたはずの記憶が表面化する瞬間、「在る」ことと「無い」ことの境界が揺らぎ始める。
青野文昭展会場ロビーに本記録集の読書スペースを設けるとともに、井の頭自然文化園ゾウ舎前モニターにおいて、収録写真(一部)のスライド上映を行う。

REMO DESK 2017年9月 3日 | 固定リンク

Alternative Media Gathering

2017/07/24_Alternative Media Gathering ミラフィオーリの不良たち オリンピック狂騒後のトリノをいきる大失業世代

atorino.jpg

「光の都市」トリノ。かつて "アナーキスト社会学者" とも呼ばれたロマーノ・アルクァーティは『赤の手帖』誌上でその近郊にあるフィアット社ミラフィオーリ工場における調査を手がかりに、教師としてはトリノ大学に軸足をおきつつ学内外・中高卒の若者労働者たちと階級組成の分析と、共同作業としての組織化に着手する。以来半世紀、あの冬季オリンピックを契機とした都市空間の再編をへてジェントリフィケーションの爪痕も傷ましいトリノ市の「影」をいきる若者たちは、どこで・いま・どんなふうに息をする居場所を見出しているのだろうか?

その現場から日本語もわかる非常勤の高校教師をゲストに招き、あちこちに点在する自主管理の占拠スペースや社会センターの実態と、慢性的な大失業時代をいきる若者たちの現在《リアル》をきく。
参考:イタリアチーズを食べる会 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10209444100323698

日時:2016年7月24日(月)
会場:remo / コーポ北加賀屋 (大阪市住之江区北加賀屋5-4-12)
参加:無料
時間:19:00-21:00

ゲスト:アントニオマルコほか

REMO DESK 2017年7月18日 | 固定リンク