Alternative Media Gathering

2019/06/16_Alternative Media Gathering_ 移民/階級/都市 現代都市空間の分断と境界をまたぐ労働力移動

n27p040028sample.jpg
写真提供:中島敏

戦後イタリアで「労働の拒否」を階級闘争の根拠としたオペライズモの概念装置を武器として、いま英語圏での展開とともに移民たちの「逃走する権利」を訴えてきた理論家サンドロ・メッザードラ。

かれに言わせれば、労働力人口のボーダレスな移動は、資本のグローバル化にも先行する「運動」に他なりません。

たしかに都市空間とは、資本制のもとで労働市場の別名をもつと同時に、いつも互いに異なる人々の、共同生活の場として存在してきました。ここでは戦時下、木津川沿いに集積した造船をはじめとする軍需産業にはじまり、万博、ニュータウンの建造、関空工事等のメガプロジェクトのたび、
大量の労働力人口を吸引しては不況にあえいだ戦後大阪から、現下あらたな移民労働者たちとあゆむ未来を考えたい。

日時:2019年06月16日(日)
会場:remo / コーポ北加賀屋 (大阪市住之江区北加賀屋5-4-12)
参加:無料
時間:15:00-18:00

ゲスト:サンドロ・メッザードラ
 現代政治・社会理論研究, 主著『逃走の権利』(北川眞也訳)人文書院 , 2015. 編著『金融危機をめぐる10のテーゼ』(朝比奈+長谷川訳)以文社 , 2010. 理論書の英訳 In the Marxian Workshops, Rowman & Littlefield, 2018. 他, Brett Neilson との共著 Border as Method, Duke University Press, 2013. Politics of Operations, Duke University Press 2019. などがある。

REMO DESK 2019年05月31日 | 固定リンク | トラックバック (0)

トーク/レクチャー

2019/06/10_Movie between the Ears: ドイツのラジオ文化におけるドキュメンタリー

IMG_2030.JPG

remo では、大阪府立現代美術センターにおける粉川哲夫とのダイアログ wireless imagination を契機としてアメリカの パブリックアクセス(ダニエル・デル・ソラール KPFA)イタリアの自由ラジオ(フランコ・ベラルディ Radio Alice) などを紹介してきました。ドイツにもまた、ブレヒト以来のラジオ文化があります。

このたびはケルンからのゲストを迎えて、著名なリュック・フェラーリの取り組みでも知られた「Hör Spiel」(聴覚劇・ ラジオドラマ)とは異なる「Radio Feature」というノンフィクションの系譜をレクチャーいただくことになりました。 パッケージ化されない音響のあり方と、無線を媒介とした想像力をあらためて考えなおす機会に、ご参集ください。

日時:2019年06月10日(月)
会場:コーポ北加賀屋(大阪市住之江区北加賀屋 5-4-12)
参加:無料
時間:18:00-20:00

ゲスト:ヤスパゼン・マルテ(ドイツ国営放送ディレクター)
 ドイツ・ケルン生まれ、ゲオルグ・アウグスト大学ゲッティンゲン法学部卒業。1989 年に来日、現在、京都産業大学教授(メディア・コミュニケーション専攻)ドイツ国営放送のシナリオをはじめ、展覧会用の音響・映像装置などを制作、2012 年には 3.11 複合災害を取材した「想定外」で Prix Italia 特別賞を受賞。

コメント:Peter Moormann(ケルン大学)Sandra Hofhues(ケルン大学)中川眞(大阪市立大学)

REMO DESK 2019年05月30日 | 固定リンク | トラックバック (0)