トーク/レクチャー

2005/06/23 シンポジウム 新世界アーツパーク未来計画

平成14年10月、大阪市による地域文化活性のための政策「芸術文化アクションプラン」の一環としてオープンした「新世界アーツパーク事 業」。現在、分野が異なる4つの専門的NPOが「公設民営」方式によって、大阪には未整備の「アートセンター」的拠点を運営、通年活動し、その他二つの団体も交えて様々な展開を繰り広げています。

当時、日本の文化の領域ではまだほとんど事例がなかったその「公設民営」という方式で進められる子の事業には、地方主権の時勢も合わさって、 各地方自治体が文化政策を計画、実施する上の参照としてオープン当初より全国からの視察が訪れており、現在ではその成功事例として広く認識されています。

そのような中、本年5月に入って、担当部署である大阪市・ゆとりとみどり局文化集客部文化振興課より、現在、フェスティバルゲートの運営管理に関する先行きが不安定な情勢で、この場での継続の可能性を探ると共に、新たな移転場所での事業展開を考えたい。との投げかけがありました。

これを機会に、3年の活動を経た4NPO自らがこれまでの活動を顧みつつ,
1) 地域に貢献する「拠点事業」における事例と検証、今後の方向性
2) 公的な「文化事業」の在り方を考え、市民に還元するための方法論を探る。
3) 都市機能として芸術文化における先端的な取り組みの海外・国内の事例紹介、本取り組みの検証、社会的便益、今後の課題、方針について
4) 継続的に市民に開かれた場を維持する意味と、具体的に開かれた場の作り方

などを話し合い、未来に向けた具体的な歩みを考えたいと思っております。
そこで本来のパートナーである担当部局、客観的批評を行う有識者を招き、今後の方向性を考えるオープンな機会を持ちたいと考えました。
つきましては、大阪のよりよい芸術環境への礎と成る可能性を有する本シンポジウムへの参加を心よりお待ちしております。

REMO DESK 2007年06月23日 | 固定リンク | トラックバック (0)

remember 3rd Monday

2007/06/18 remember 3rd monday

remember 3rd Mondayとは、毎月第3月曜日に開催される映像表現のプレゼンテーションの場です。前月開催日翌日から10日前までに上映の申し込みを受け付けます。事前に上映作品リストをML/ウェブサイトでお知らせします。第3月曜日当日は上映終了後、作者本人の作品解説とともに鑑賞者からの質問などディスカッションの場としても機能しています。
今月のゲストはフリーランス・フォトグラファー/デザイナーのMarkuz Wernli Saitoさんです。

REMO DESK 2007年06月18日 | 固定リンク | トラックバック (0)

artist pick up

上映会

トーク/レクチャー

2007/06/16 鈴木淳アーティストトーク「だけなんなんってなんやねん」&「鈴木淳 vs remoscope」

アーティスト、鈴木淳本人による作品解説を行います。その後は、参加者の持ち込んだ映像(remoscope)をみんなで鑑賞、ツッコミあう…参加型鑑賞会へ。乞うご期待!

REMO DESK 2007年06月16日 | 固定リンク | トラックバック (0)

その他

2007/06/29 大阪でアーツカウンシルをつくる会 公開講座「イギリスのアーツカウンシルを巡る議論」

今回の公開講座は、サントリーミュージアム[天保山]の植木啓子さんをお招きし、イギリスのアーツカウンシルに関する歴史的研究と現地での経験から、これまでアーツカウンシルを巡って展開された議論や批判、市民や美術業界との関係性などをお話いただきます。また、フランスの事例にも触れていただきます。講座終了後にはささやかな懇親会も行います。どうぞご参加くださいませ。

REMO DESK 2007年06月16日 | 固定リンク | トラックバック (0)

artist pick up

展覧会

2007/06/1-24 鈴木淳個展「だけなんなん 001-300」と「大阪八景」

北九州在住の美術作家、鈴木淳による映像作品「だけなんなん」シリーズ300点(2000年~2007年)と大阪で撮影した作品「大阪八景」(2007 年)を一挙に展示、上映します。

070601suzuki.gif

REMO DESK 2007年06月01日 | 固定リンク | トラックバック (0)