トーク/レクチャー

2003/10/29 Breaker 04 Franck Bragigand " Urban Concern 2 (仮称)"

フランス出身、現在オランダ在住のフランク・ブラジガンドは”色”は私たちの生活の中で重要な役割を担っているのではないかと考え、色や光にまつわる様々な表現活動をするアーティストです。たとえばアムステルダム郊外の、全て同じ色で塗られていた公団住宅のドア76軒分を住民が選んだ色でペイントするというプロジェクト。ここでは一軒一軒廻ってプロジェクトの説明をし納得してもらった上で、次に好きな色をそれぞれ選んでもらうという、住民との交渉からスタートしました。このアーティストも、美術が美術館の中にだけあるものとしてだけではなく、生活と密着した表現活動を行っています。2004年の滞在生活を前に大阪でリサ-チを行い、プランを立てていきます。これまでの活動の紹介を含めて、レクチャー+交流会を行います。

REMO DESK 2003年10月29日 | 固定リンク | トラックバック (0)

2003/10/26・27・10/31-11/02・11/07-09New Visionaries 08 screening program dial H-I-S-T-O-R-Y

1931年のペルー人革命家による歴史に残る世界初のハイジャック
日本の連合赤軍によるよど号ハイジャック事件(1970年3月31日)
テルアビブ・ロッド空港銃乱射事件(1972年5月30日)
大韓航空機撃墜事件(1983年9月1日)
ペルシャ湾岸でのアメリカ軍イージス艦によるイラン航空機誤認撃墜事件(1988年7月3日)
・・・そして20世紀の歴史の締めくくり、2001年9月11日の世界貿易センター爆破事件へ・・・

上記の事件をはじめとした様々な国際テロ、ハイジャックを報じるテレビ・ニュース映像が切り刻まれ、ミュージックビデオ的にリミックスされたドキュメンタリー映像作品。その独特のサンプリング手法で世界各国の映画祭、美術展を驚愕させ、コンテンポラリーアート作品として極めて評価の高い ”ダイアル ヒ・ ス・ト・リー”。 アメリカの2001年9月11日世界貿易センター爆破事件を予見したということで、事件後再び世界中で大注目をあびました。
今回は、監督ヨハン・グリモンプレ自らが制作のディレクションをしたアートブックとセットの”ダイアル ヒ・ス・ト・リーDVD”(ダゲレオ出版)発売に合わせて、東京と大阪での同時上映。日本語サブタイトルがついて、いよいよ待望の関西初公開。初日には監督も来日し、アーティストトークも行います。

REMO DESK 2003年10月26日 | 固定リンク | トラックバック (0)

remember 3rd Monday

2003/10/20 remember 3rd monday

日時:2003年10月20日(月) 19:00~ (上映申込受付 17:00~17:30)
上映/鑑賞ともに無料

REMO DESK 2003年10月20日 | 固定リンク | トラックバック (0)

上映会

2003/10/05 promising flowers

パレスチナとイスラエルの子供たちと交流と別れを描くドキュメンタリー映画「プロミス」を上映。あわせて浅井隆氏、重信メイ氏を迎え、ゲストトークおよび交流会を行います。

REMO DESK 2003年10月05日 | 固定リンク | トラックバック (0)