2003/06/27- 07/02 P R O J E C T 6 2 9 #3 f e r t i l i z a t i o n

48枚の『いろは障子』が登場。「いろはにほへと…」のそれぞれの文字を頭文字に、コピーライター
村上美香が“いろはことば”を制作。そのことばを参加アーティストたちがオリジナルフォントで
タイポグラフィで見せる。また裏面にはことばからイメージしたビジュアルを、裏面の格子状の障子の
世界で表現し、ことばとビジュアルの融合した1枚の障子を創り上げる。今年はこれらの作品を集めた
188ページからなる『629 BOOK』制作というビッグ企画を、プリンティグディレクター築山万里子
プロデュースによりおこなう。

REMO DESK 2003年06月27日 | 固定リンク | トラックバック (0)

2003/06/14 New Visionaries 第5回公開レクチャー web conference

音だけで様々な情報を伝えるという原始時代のプリミティブな方法から飛脚、郵便、電話へと、スピードや伝達領域はどんどん加速、拡大し、新聞、ラジオ、テレビなどマスメディアの登場で不特定 多数への伝達が可能になりました。さらに現在ではインターネット(メールやウェブサイト)の出現により個人の情報をリアルタイムで発信するネットワークが地球規模で拡がっています。 私達はこのメディアを今後どのように使い、何を発信し、氾濫する情報の中から何を選択するのか?このメディアの特性を考察し、新たな活用法について、いくつかの例を見ながらのトークショーとなります。
また会場の方々にも積極的に発言して頂けるような場になればと考えていますので、興味のある方はぜひご参加ください。 

REMO DESK 2003年06月14日 | 固定リンク | トラックバック (0)

トーク/レクチャー

2003/06/10 レクチャー ビデオアート ーメディアの特異性

1963年にTVモニターを展覧会へ持込んだ、ビデオアートのパイオニアであるナムジュンパイクによる数々の作品、ビデオスカルプチャーやインスタレーション、パフォーマンスなど、またBill Viola, Gary Hill, Tony Ourslerなど国際的に活躍するアーティストの様々な作品を通して 「映像」メディアの特異性についてのお話をしていただきます。

REMO DESK 2003年06月10日 | 固定リンク | トラックバック (0)

トーク/レクチャー

2003/06/03  New Visionaries 第4回公開レクチャー&デモンストレーション

第4回レクチャーでは、ダンスと映像を結びつける作家・白井剛氏をゲストに迎え、彼の実験に立ち会い「人をみるまなざし」について探ってみたいと思います。白井氏は、映像とダンスを主体とした上演作品を制作し、パフォーマーの個性を活かした振付と、時間と空間を編集する独特の感性が注目を集めている「Study of Live works 発条ト」の作家です。この5月いっぱい滋賀県栗東市に滞在し、関西で参加者を募った『リビングルーム / さきら編』を制作しました。デモンストレーションでは、映像と身体を作品の中で結びつける方法などの他、栗東での制作についても、映像をまじえて語っていただきます。

REMO DESK 2003年06月03日 | 固定リンク | トラックバック (0)